ドクター

心と体の変化

男の人

意欲の低下や抑うつ

病気にも色々な種類がありますが、体の不調だけではなく心の不調で悩む人も少なくありません。いわゆる心の病気にも多くの種類がありますが、特にうつ病は代表的な存在です。気分が落ち込む、やる気が出ない、眠れないなどの症状は誰にも起こり得るものですが、健康な人の場合は短期間で改善できることも多く、特に治療は必要ありません。うつ病の場合は心と体の不調が長く続きますので、いつまでも改善されない症状があればうつ病を疑ってみてはいかがでしょうか。うつ病は、心に様々な変化がありますが、特に抑うつ気分は代表的な症状です。気分の落ち込みが長く続く人は多いですが、こうした症状は朝に特に強く出る傾向があります。さらに悲しい気持ちになる、希望を持てない、憂鬱になるなどがあげられます。気持ちの落ち込みなどマイナスの症状ばかり出る人もいれば、躁状態とうつ状態を繰り返す人もいます。そして、思考の低下も落ちてきますので、集中力が落ちる、仕事の効率が悪くなる、注意力の散漫、決断が出来ないといった症状が起こることもあります。さらに意欲も低下していきますので、好きだった趣味に関心がなくなる、友人や家族との会話を楽しめない、おしゃれに興味がなくなる、女性ではメイクをしなくなるなどの変化も出てくることがあります。そして不安感が強い、落ち着きがなくなるなどの変化があらわれることもあります。うつ病は心の症状が強く出るというイメージもありますが、体にも変化が出やすい傾向にあります。睡眠障害も起こりやすく、なかなか眠れない、眠った気がしないという人もいれば、夜中に何度も目覚めてしまう、朝早く目覚めてしまう早朝覚醒が起こることもあります。さらに、食欲の変化も出やすく、食欲が落ちる、食べても美味しくないと感じる、体重が減るという人もいれば逆に過食に走り、太ってしまうこともあります。さらに体のだるさ、重さ、疲れがとれないという症状を訴える人も多いですし、生理不順や性欲の低下、勃起障害など性機能にも変化が出る人もいます。このほかでは頭痛や関節痛、胃の痛みや息苦しさなどを感じる人もおり、最初はうつ病と感じずに、体の病気と感じて内科などの医療機関に行くことも少なくありません。うつ病の治療を行う際はどの医療機関を選ぶのかということとなりますが、精神科ではうつ病をはじめとする様々な精神疾患に対応してくれます。さらに心療内科は心の病気に伴う、体の不調の改善を得意としていますので、体の症状が強く出ている場合はこうした医療機関に相談してみることもおすすめです。そして、うつ病の改善の期間は個人差もありますが、長期に治療が必要となることも多いので、通いやすい医療機関を選ぶこと、そして相性の良い医師を探すことも大事です。患者の言葉にしっかりと耳を傾けてくれること、治療の説明もきちんと行ってくれる医師を選びたいですし、合う薬も人それぞれ違いがありますので、その人に合う薬を処方してくれることも大事です。そして薬物療法だけではなく、精神療法なども行いたい場合は、認知療法やカウンセリングも得意としている医療機関であるかもよく調べておきましょう。