個人差があります

カウンセリング

人によって症状が異なり、その治療期間にも差が出るのがうつ病の特徴です。継続的な治療が必要となれば気になるのが医療費。少しでも医療費の負担を減らすことができる自立支援医療制度の申請を行い、治療に専念しましょう。

心と体の変化

男の人

うつ病というと心の不調が強く出るイメージもありますが、不眠は食欲の低下など体の症状が強く出ることも少なくありません。診察は精神科や心療内科で行っていますので、まずは通いやすい医療機関を見つけておきましょう。

メンタル不調に注意

看護師

様々な症状

現代社会では、メンタルヘルスケアの重要性に注目が集まっています。少し前までは、不幸にも大きな偏見や誤解があった、メンタルヘルス不調に対しても段々と理解が深まってきています。そもそもメンタルが不調になるというのはどのようなことなのでしょうか。普段の生活において、仕事の失敗、疲労、身近の人の死など様々な原因で気持ちが落ち込むことはあります。これは自然なことであり、原因が無くなり、時間が経つにつれて気持ちは癒えてくるものです。しかし病気としてのメンタル不調は、原因が特定されず、気分の落ち込みが1日中、長期間に渡って続いてしまいます。このような場合は注意が必要です。気分の落ち込みというとうつ病が代表的です。しかし心の不調を引き起こす病気は他にも多くあります。双極性障害はうつ状態に加えて、気分が高揚する躁状態が現れ、その後にまたうつ状態が現れます。躁状態の時は仕事に対しても積極的に取り組むため、本人や周囲も病気に気がつかないことがあるので注意が必要です。 適応障害というものもあります。これはうつ病などと違い、気分を落ち込ませる原因がはっきりとしています。ですからストレスの原因となるものから遠ざかることが出来れば、気分が段々と復調してくる場合があります。しかし何らかの理由でその原因から離れられない場合は、病状が慢性化することがあります。 またパニック障害という疾患もあります。これは理由もなく、めまいや動悸、手足の震えなどがあらわれ、普段の生活にも支障が出てしまいます。 出かける時に何度も鍵やガスを確認してしまう症状がでる強迫性障害もあります。手の汚れを意識して、何回も執拗に手を洗わないと気が済まないといった症状もあります。 このようにメンタル不調イコールうつ病ではありません。言うまでもありませんが、素人が決めつけるのではなく、最終的には専門医の判断が必要です。それではうつ病の症状とはどのようなものでしょうか。代表的なものは抑うつと気分の低下です。仕事などに集中できないことに加え、今まで好きであった趣味などにも楽しみを見いだせなくなります。また、あまり知られてない場合もありますが、肉体的にも様々な疾患が出ることがあります。例えば頭痛やめまい、ひどい肩こりなどがその一例です。肉体的な不調から病院にかかり、そこから精神科や心療内科を紹介されて、本人も驚くケースもあるようです。 現在では国や企業もメンタルヘルスケアに本格的に取り組んでいます。2015年から企業に義務化されたストレスチェックはその体表的なものです。希望する労働者はこのチェックにより自身のストレスの状態を把握することができます。また、公的機関や多くの病院がインターネットなどで自身のストレスの状態をチェックできるページを公開しています。これらを利用して、自分自身の状態を理解することがメンタルヘルスケアの第一歩と言えます。 うつ病をはじめとするメンタル不調にとって何より重要なのは、早めに専門医を受診することです。そのためにもこれらの症状を覚えておき、心配な時は少しでも早く心療内科や精神科を訪れ、相談してみましょう。

どんな治療法が有効か

ウーマン

うつ病の症状の重さによって治療法が変わりますので、必要な対処をしていかなくてはなりません。仕事に関することや家事に関することなど、治療の為に必要なことは何をすればいいのか、医師からアドバイスをもらい治療をしていきましょう。

リンク

  • うつアカデミー

    うつ病の症状に関わることがサイトでは紹介されていますよ。ここで案内されている情報を確かめておくといいです。
  • うつ病サプリ

    うつ病の症状に関することを確認しておくことができるようになっていますよ。気になる人はチェックしてみよう。